名古屋JR東海鉄道博物館(リニア鉄道館)


リニア鉄道館(JR東海鉄道博物館)に行ってきました



IMG_4226.jpg
<リニア鉄道館入り口のシンボルマーク>

IMG_3913.jpg


この様な時に不謹慎かとも思いましたが、仕事も突然休みになってしまい、家にいても気持ちが沈みこんでしまうので思い切って、本日オープンになるJR東海のリニア鉄道館(鉄道博物館)に行ってきました。

鉄道博物館へは『佐久間レールパーク』大宮の『鉄道博物館』に続いて3箇所目です。

日本が東北大震災によってこの様な事態に陥っている状態ですので『本当に今日この日に予定通りオープンするのか』と疑問に思っていましたが、リニア鉄道館としては何事も無かったかのようにオープンしていました。

鉄道博物館(リニア鉄道館)へは伊勢湾岸自動車道名港中央ICを降りて数分程度で到着できます。電車で向かいたい場合はあおなみ線金城埠頭駅で下車目の前です。

IMG_3901.jpg


リニア鉄道館の駐車場は1日固定の料金で700円。
近くにファニチャードーム等の大きな無料駐車場がたくさんありますが、当然リニア鉄道館へのお客さんは駐車禁止とのことでした。
(といってもファニチャードームに駐車しているだろう人達を何組も見ましたが…)

IMG_3899.jpg
<リニア鉄道館駐車場の様子>

リニア鉄道館へは千円(大人料金)の入場料を自動券売機で購入して入場します。
入場も鉄道の改札口のようになっていて『鉄道博物館に着たんだなー』という気持ちにさせてくれます。

リニア鉄道館に入場するとまず始めに迎えてくれるのはシンボル車両の展示です。
ここはかなり薄暗い上にフラッシュ撮影禁止とのことなので感度の低いカメラだと撮影は中々難しいかもしれません。

IMG_3933.jpg
<シンボル車両展示エリアのSL>

IMG_3934.jpg
<シンボル車両展示エリア車両>

IMG_3945.jpg
<シンボル車両展示エリアのリニアモーターカー>

シンボル車両展示エリアのリニアモーターカーは客室も見学することが出来ます。
普通の新幹線との違いがあまり分かりませんでしたが、シートのカバーには『MAGLEV』の文字が刺繍してあり、『超伝導リニアの座席なんだなー』と実感させてくれました

シンボル車両展示エリアを抜けると次はシンボル以外の車両展示エリアです。ここには20種類程度の車両(新幹線や在来線)が展示してありました。

IMG_3981.jpg
<300系>

IMG_3984.jpg
<300系>

IMG_3992.jpg

IMG_4008.jpg
<ドクターイエローも配置されています>

IMG_4054.jpg
<2階から車両展示エリアを撮影した様子です>

IMG_4092.jpg

IMG_4106.jpg
<シンボル車両展示エリアを2階から見た様子です>

リニア鉄道館ではこれらの車両展示エリアがメインと言っても過言ではないくらいの感じでしたが、その他にもリニアモーターカーの特設ブースや、キッズルーム、ジオラマ等が配置されていました。

IMG_4151.jpg
<ジオラマ>

名古屋のリニア鉄道館は大宮にある鉄道博物館に比べると、ちょっと規模が小さいような気もしましたが、電車が好きな方や、小さいお子さんには十分1日楽しめるような施設になっているのではないでしょうか?
また近くに行くことがあったら立ち寄ってみたいと思います。



埼玉県大宮にある鉄道博物館(JR東日本)に行ってきました


大宮の鉄道博物館に行ってきました



関東地方に行く用事があったので『その用事と絡めて子供も連れて行ける場所にでも遊びに行こう』ということになりました。

関東地方というと観光地はたくさんありますが、子供を連れて行っても楽しめるところというと意外と中々ないのですよね。
そこで、今回は埼玉県の大宮にある鉄道博物館に行ってみることにしました

なぜ鉄道博物館かというと、そもそも鉄道博物館であれば子供を連れてくる前提の施設になっているでしょうから、子連れでも十分楽しめるだろうというという目測があったからということと、妻も私も鉄道が好きだからです。

鉄道博物館には埼玉駅から1駅の距離ですのでアクセスも抜群です

IMG_2064.jpg
<鉄道博物館駅の改札口>

鉄道博物館駅の改札口の様子です。
鉄道博物館は駅の改札口を出てすぐのところにあります。

IMG_2068.jpg
<鉄道博物館入り口のオブジェ>

IMG_2078.jpg
<鉄道博物館入り口記念撮影ポイント>

IMG_2080.jpg
<鉄道博物館の入場券はこの様なICチップです>

IMG_2082.jpg
<鉄道博物館の入り口>

IMG_2144.jpg
<鉄道博物館のカレー>
今回は鉄道博物館についた時間が昼前だったこともあって鉄道博物館についてすぐの食事となりました。
鉄道博物館の中には1階と2階に食堂があります。
今回は1階の食堂を利用しましたが、2階の食堂の方が空いていたのでそっちを使えばよかったかなーとも思いました。

IMG_2098.jpg

IMG_2285.jpg

鉄道博物館の1階には昭和の鉄道など、様々な鉄道の実物が展示してあります。
鉄道が好きな人であればこれを見ているだけでも楽しいのではないでしょうか・

IMG_2377.jpg

IMG_2412.jpg
<鉄道のジオラマ>

ジオラマを動かしているところを見ることが出来ます。

IMG_2533.jpg

鉄道博物館の屋上に行くと、新幹線の線路を目の前で見ることが出来ます。
新幹線が鉄道博物館の前を通過する時間も書いてあるのでシャッターを構えていれば新幹線の走っている姿を写真におさめることもできます

鉄道博物館は子供や鉄道好きの人であれば丸1日楽しめる施設なのではないかと思います。
3月の中旬には愛知県にもJR東海が運営する同じような施設の営業が開始されるということなので、是非そちらの施設にも行ってみたいと思います。

HP:鉄道博物館

飛騨大鍾乳洞に行ってきました


岐阜県の飛騨大鍾乳洞に行ってきました



飛騨大鍾乳洞は岐阜県高山市丹生川町日面にある鍾乳洞です。
この鍾乳洞は日本にある鍾乳洞の中では一番標高の高い900mmという位置にあることが特徴で、鍾乳洞の全長は800mにもなります。

鍾乳洞の駐車場に到着すると、駐車場の周りでは飲食店やお土産屋が並んでいました。
飲食店やお土産屋の逆側にある大きな建物が鍾乳洞&大橋コレクション館の入り口になっているようですね

106.jpg

大橋コレクション館
入り口で入場料を払うと、まずは大橋コレクション館に入ることになります
ちなみに大橋コレクション館というのは、大橋外吉さんという企業の社長さんが集めたコレクションを展示している美術館です。

中には骨董品のようなものから金塊、化石のようなものまで展示されています。
有名なところでは、以前盗難にあった金塊(時価1億2千万)でしょうか

この金塊はコレクション館から盗んだ犯人が逮捕されたことによって戻ってきたようですが、1/3はすでに犯人たちが売却済みだったようでばらばらの形でもどってきたようです。
(重量100Kgの金塊をどうやって盗んだのか、私としてはそれが気になります)

飛騨大鍾乳洞
大橋コレクション館を抜けると飛騨の大鍾乳洞です。
飛騨大鍾乳洞は夏でもその中の気温が12度前後ということで外の世界とは明らかに温度が違います。
特に真夏の時期は涼しくて気持ちがいいと思いますが薄着のままで入ってしまうとちょっと寒いので注意が必要です

111.jpg

116.jpg

125.jpg

鍾乳洞の中は、色々な色でカラフルにライトアップされていてとても綺麗でした

HP:http://www.syonyudo.com/
所在地:岐阜県高山市丹生川町日面1147
TEL:0577-79-2211
入場料:1000円(大人)500円(小中学生)

アクセス

大きな地図で見る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。